親しい人に感謝とお別れを

Funeral Hall

海が好きな故人のための葬儀「海洋散骨」

「海洋散骨」という葬儀をご存知でしょうか?日本では火葬した後の遺骨は骨壷に収めてお墓に入れるのが一般的です。
しかし、海が好きな人は海に由来する場所に骨を埋めたいという願望を持っていることがあります。
海洋散骨は、そうした人にお勧めの葬儀なのです。
海洋散骨は、砕いて粉にした遺骨を海にまく葬儀です。
海が好きだった人、釣りや海洋レジャーが趣味であった人など、海に縁のある人のための散骨方法です。
しかし、ただ海に遺骨をまけば良いというわけではありません。
環境への影響を配慮して、アル程度のルールに則らなければなりません。
しかしながら、ある程度のルールやマナーさえ守っていれば、日本でも認められている葬送手段でもあるのです。
ルールについてはいくつかの制限がありますが、個人で行う場合はいろいろと調べておかなければなりません。
そのため、海洋散骨を扱っている業者に依頼することが現実的です。
古来からの埋葬方法が主流であった日本でも、ここ最近、埋葬方法への疑問と、個人の遺志を尊重するという観点から海洋散骨への需要が高まっています。
気になる場合は、ネットでも依頼することができますので、業者のホームページを調べてみると良いでしょう。

知らないと恥ずかしい!?おさえておきたい葬儀の服装マナー

人生のさまざまなイベントの中でも、特に失礼が許されないものの一つが葬儀ではないでしょうか。
葬儀イコール喪服と考え、喪服さえ着て行けば安心であると思ってしまっている人も少なくないかもしれません。
遺族に対して失礼なことにならないためにも、最低限の服装マナーを知っておくことは必要です。
まず、親しい人の訃報が届き、兎にも角にも駆けつけたいという場合にも、遺族の気持ちに沿った対応をとるようにしましょう。
もし、訪問が可能な場合には、あらかじめ用意していたと思わせる喪服ではなく、普段着で駆けつけるのがマナーです。
普段着と言っても、派手すぎる色合いのものなどは避け、場に反しない雰囲気の服装をして行ったほうが無難でしょう。
通夜から参列する場合にも、前もって準備していたと思わせる喪服は避けたほうが良いとされています。
一般的に、親しい人が参列する通夜では、親族よりも格の上がる正式な服装ではなく、略式と呼ばれる、ブラックスーツやブラックフォーマルと呼ばれる服装をすることがマナーです。
ダークな色合いをしたスーツやワンピース、ブラウスとスカートなどを着用するとよいでしょう。
その後の告別式への参列の際の服装は、ブラックフォーマルが基本です。
親族より格下の準喪服を着て行くとよいでしょう。
前触れなく訪れることもある葬儀への参列で、慌てないためにも、服装の基本を知って、一着用意しておくとよいでしょう。


Favorite



ラフマ葉を使用したサプリメントです


ラフマ葉の効能を体感できます


歯科医師国家試験合格を狙う予備校です


歯科医師国家試験 予備校



Last update:2019/8/1

COPY RIGHT (C) 2015 Funeral Hall. ALL RIGHT RESERVED