親しい人に感謝とお別れを

Funeral Hall

葬儀で香典を頂いたら香典返しをする必要がある

葬儀に参列してくれる人は香典を持ってきてくれます。
この香典を頂いたらそのお返しをする必要があります。
そのお返しのことを香典返しといいます。
香典返しの額は頂いた香典の約3分の1から半額程度が平均的な相場となっています。
それ位の額の範囲内で購入する品を考えてそれを贈ることになります。
問題はどのような品を贈るかです。
貰ってもあまり嬉しくない品を贈られても相手としては困ってしまいます。
そのため貰って嬉しい実用的な品を贈る必要があります。
最近ではコーヒーギフトや紅茶ギフトを贈る人が増えています。
このような品でしたら家族皆で飲むことができるので、貰ったらとても嬉しい物として重宝されています。
ですから香典返しをする場合には、どのような品であれば相手が喜んでくれるかを考えて贈る物を選ぶ必要があります。
最近では通販で購入する人も増えています。
通販であれば様々な品を選ぶことができるし、わざわざデパート等に行く必要がないのでとても便利なのです。

葬儀の香典返しは何を選ぶべきか

お葬式がひと段落すると、参列してくれた人たちに香典返しをする作業が待っています。
これはお返しというよりも、参列してくれた事へのお礼を表す儀礼ですので来てくれた人全てに送るのが礼儀です。
一般的にお返しとしては消耗品が選ばれる事が多いです。
その理由として、香典返しは人が亡くなった悲しみを拭い去るために贈るものだからです。
定番の商品としては、お茶やハンドタオル等の詰め合わせが選ばれる事が多いです。
また、受け取った人が自由に選ぶ事のできるギフトカタログを選ぶことによって受取人は使いやすい品を選ぶ事ができます。
しかし、少し変わった方法として喜ばれるのは、故人の好物を詰め合わせに送るという方法です。
季節のフルーツやゼリーなど、子どもから大人まで食べる事のできる形で香典返しをする事によって、それを食べながら故人の思い出話に花を咲かす事ができます。
忘れられない葬儀も大事ですが、返礼品にも気を配ることでより一層深く故人を偲ぶ事ができます。

pickup

渋谷区で遺品整理するなら

最終更新日:2017/12/1

COPY RIGHT (C) 2015 Funeral Hall. ALL RIGHT RESERVED